mome

「閃輝暗点」なるものを初体験!目の前に虹色のギザギザが・・・、なにこれ!?

事の発端

その日は朝から無性にイライラ。
自分なりに課していた「仕事のノルマを達成しなければならない」、という焦りが大きくありました。

普段は1日1杯しか飲まないホットカフェオレを夕方頃2杯飲むのを挟んで、朝の9時に開始してから食事も摂らず夜の22時頃までひたすらパソコンと向き合っておりました。
22時になり、どうやらノルマを達成できそうだという事で、ホッと一息ついて食事にありつこうと準備していた所。

「ん?」と違和感が。

「なんか、視界が見えづらいな?」と感じたのです。
黒いもやが小さくぼやっとしている感じ。
家では黒縁のメガネをかけているので、それが視界に入ったのかな~?と考えていました。今思えばメガネはかけ慣れてるはずだし邪魔になるほど視界に入って来るわけが無いんですよね。
ずっと座ってて急に立ったから、立ちくらみで変になってるのかな?とかも考えたり。貧血になった時に視界が黒っぽくぼやける時の状態に似ていたのです。
それがまさかこれから酷くなっていくなんて思ってすらいなかった。ササッとご飯を食べる私。

食べ終わり、PCの電源を落とそうとデータ保存の確認をしていると、何故かわからんが画面がかなり見にくい。

明らかに、先程よりも見えにくい。

「あ~、疲れてるんだな。早く寝よう」と思いつつ作業を進めていたら、黒っぽかった邪魔なものが、虹色のギザギザになってきた!

視界の左半分を覆っている!前が見えない!と、ここで初めて焦りました。

遭遇したことが無かったもので。
びっくりしながらも、見にくい視界の中、Google先生に聞こうと「視界 虹色 ギザギザ」で検索する私。
この原因がわからず手探りしている感じがあふれる検索キーワードからも、どれだけ動揺していたかが窺えます。

こんな検索ワードでもGoogle先生は教えてくれた!

・脳腫瘍

・緑内障

・網膜剥離

・頭痛くなるかも

・病院に行ったほうがいい

まず目に入ったのはこれら。
ここでさらに焦る。

「やばいじゃん!!!」

そんなに画面見てたか?
かゆくて擦ったのが悪かったか?
なんてさらに動揺しながら、上司に翌日病院へ赴く旨を伝えひとまず早めに寝ることに。

ベッドに入り、しばらくすると虹色のギザギザは消えたのです。

その後やってきたのは酷い頭痛
いきなり痛くなったわけではなくて、徐々にこめかみ辺りが拍動するかのような、重くズキズキとした痛みになっていきました。
この辺りで痛みに耐えられず、吐き気と戦いながら市販の鎮痛薬を飲む!成人は1回3錠!

痛くて眠る事ができないので、スマホでさらに調べていたところ、どうやら虹色のギザギザは『閃輝暗点』というものらしい。

★症状(Wikipediaより)
まず、視覚障害が起きる。突然、視野の真中あたりに、まるで太陽を直接目にした後の残像のようなキラキラした点が現れる。視界の一部がゆらゆら動きだし、物がゆがんで見えたり、目の前が真っ暗になったり、見えづらくなる。その後、みるみるうちに点は拡大していく。ドーナツ状にキラキラと光るギザギザしたガラス片や、ノコギリのふちのようなもの、あるいはジグザグ光線のような幾何学模様が稲妻のようにチカチカしながら光の波が視界の隅に広がっていく。これは無数の光輝く歯車のような点が集まり回転しているようでもあり、視界の大部分が見えなくなることもある。これらの視覚的症状は短時間に進行する。そしてこの閃光と暗点は5分から40分ぐらいで広がって、視野の外に出て消えて行く。この症状は目を閉じていても起きる。症状が治まった後、引き続いて片頭痛が始まる場合が多い。この後に頭が割れてしまいそうな激しい片頭痛が3〜4時間続き、強烈な吐き気・嘔吐などを伴うことが多い。
これら症状は若年の場合、年齢と共に回数も減りその内にほとんど起こらなくなる。
中年の場合で、閃輝性暗点だけあって、その後に頭痛を伴わない場合は、まれに脳梗塞、脳動静脈奇形、脳腫瘍や、血栓による一過性の脳循環障害が原因である可能性がある。

偏頭痛の前兆として起こる事がほとんど。痛みを伴わない閃輝暗点は脳腫瘍などの可能性があるため、即刻病院行きみたいですが、頭痛があれば大抵は問題ない様子。
もちろん頭痛のあるなしに関わらず病院へ行く事が推奨されますので、まだ行ってない方が読んでたら行って下さいね!!

しかしどうやら病院へ行っても、閃輝暗点や偏頭痛を治す事はできず、ある程度の予防や緩和する範囲に収まるようです。

★原因(Wikipediaより)
眼球の異常ではなく、ストレスがたまり、ホッとしたときにこの症状に見舞われることが多い。片頭痛の原因は、頭の血管が何らかの誘因で収縮し、その後異常に拡張すると共に血管壁に炎症・浮腫をおこすためと言われている。閃輝暗点が起こる原因は、脳の視覚野の血管が収縮し、一時的に血の流れが変化するためと考えられている。チョコレートやワインの飲食でなりやすいと言われている

以上の事をふまえ、色々と調べた結果。

まずは、食べ物に気をつけること。
チョコレート、酒類(特に赤ワイン)、チーズ、ナッツ類などが主に影響しやすい様子。
どの食べ物が影響しやすいのか、等は個人の体質もあると思います。
私はチョコレートは板チョコ半分で問題無し、カフェオレ1杯も問題なしでした。
初めて遭遇した時にカフェオレを2杯飲んでいたのは、時間差もあってあまり関係ないと考えていますが、通常1杯以上飲まない事もあり確認できていないので因果関係は不明です。
あくまで「誘発しやすい」範囲であり、食べたから絶対に出るというわけでは無いとも考えています。

次に精神面の管理。
初めて『閃輝暗点』になった時は相ッ当根を詰めていた自覚があります。
「はあ~、ノルマ達成できた~」という安心感でギラギラッと来た感じです。
仕事である以上、手を抜くわけにはいかないですが、もう少し気を抜いて取り組む事に。

そして身体面の管理。
正直頭痛のせいで寝られなくて変な時間まで起きて寝る、という事があったりするんですが。
その辺りはしょうがないとして、睡眠不足、睡眠過多、空腹が続くなどでも誘発されるようです。
ようはコレ、風邪予防と似たようなもので規則正しい生活を送れという事ですね。

閃輝暗点が見えたらすぐに薬を飲む。
初めての時はまったく知らなかったので対策のしようが無かったです。
が、次に出た時にはギザギザが見え始めてからすぐに市販の頭痛薬を飲みました。
薬が効き始めるまでに約30分程度閃輝暗点が消えて頭痛が始まるまでに30~40分程度かかっているので、時間的にはちょうど良い。
これも個人差があるので、病院でもらった薬や、自分に合った薬を飲むことをオススメします。
お茶やジュースではなく、常温の水またはぬるま湯で!
私はこれで大分マシになっております。

閃輝暗点が見えたらツボを押す。

200711
引用元:偏頭痛をやわらげるツボ

この「風池」というところを強くギューっと押すのが効果的らしい。
頭痛が起きる前に押すのが一番らしいですが、痛み始めてからでも多少緩和されるとか。

 

兎にも角にも、一度出ると定期的に発症するようですので、長い付き合いになりそうです。
偏頭痛が起きるとピークが過ぎても1、2日鈍痛が続くのでなかなかしんどいです。

私は1人で在宅ワークをしているので幾分気楽ですが、会社勤めや、外で活動している方の苦労は計り知れません。
年齢経過で自然と出なくなるようですので、上手く付き合っていく事が大切ですね。

ちょいちょい症状が出る度にメモとして書いていこうと思います~。
ちなみにコレ書いてる時にチーズの事をすっっっかり忘れてカルボナーラを食べたら閃輝暗点が出て薬を飲みました。

おいしいからね、仕方ないね。


( ! ) Warning: include(/home/sites/heteml/users/m/f/s/mfst/web/mome/wp-content/themes/mome/ad/single_bottom.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/sites/heteml/users/m/f/s/mfst/web/mome/wp-content/themes/mome/single.php on line 14
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0004217584{main}( ).../index.php:0
20.0007218392require( '/home/sites/heteml/users/m/f/s/mfst/web/mome/wp-blog-header.php' ).../index.php:17
31.200216622576require_once( '/home/sites/heteml/users/m/f/s/mfst/web/mome/wp-includes/template-loader.php' ).../wp-blog-header.php:19
41.203116655456include( '/home/sites/heteml/users/m/f/s/mfst/web/mome/wp-content/themes/mome/single.php' ).../template-loader.php:74

( ! ) Warning: include(/home/sites/heteml/users/m/f/s/mfst/web/mome/wp-content/themes/mome/ad/single_bottom.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/sites/heteml/users/m/f/s/mfst/web/mome/wp-content/themes/mome/single.php on line 14
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0004217584{main}( ).../index.php:0
20.0007218392require( '/home/sites/heteml/users/m/f/s/mfst/web/mome/wp-blog-header.php' ).../index.php:17
31.200216622576require_once( '/home/sites/heteml/users/m/f/s/mfst/web/mome/wp-includes/template-loader.php' ).../wp-blog-header.php:19
41.203116655456include( '/home/sites/heteml/users/m/f/s/mfst/web/mome/wp-content/themes/mome/single.php' ).../template-loader.php:74

( ! ) Warning: include(): Failed opening '/home/sites/heteml/users/m/f/s/mfst/web/mome/wp-content/themes/mome/ad/single_bottom.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php5.6/lib/php:/usr/local/lang/php/5.6/pear:/usr/local/lib/php') in /home/sites/heteml/users/m/f/s/mfst/web/mome/wp-content/themes/mome/single.php on line 14
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0004217584{main}( ).../index.php:0
20.0007218392require( '/home/sites/heteml/users/m/f/s/mfst/web/mome/wp-blog-header.php' ).../index.php:17
31.200216622576require_once( '/home/sites/heteml/users/m/f/s/mfst/web/mome/wp-includes/template-loader.php' ).../wp-blog-header.php:19
41.203116655456include( '/home/sites/heteml/users/m/f/s/mfst/web/mome/wp-content/themes/mome/single.php' ).../template-loader.php:74

キーワードでもっと読む

2016.02.20

健康 日記