môme

なんでもかんでも手を出していく

投資するだけ損!悪徳SEO業者の見分け方

SEOを外部に委託する方って「具体的にはどんなことをするのかよく分からないけど、サイトへの集客する方法だとは知っている」という方がほとんどだと思います。

そして必要だと理解している分、導入には前向きで、聞こえの良い“成功事例”なんかを出されるとフラ~っと寄せられてしまう方が多いです。知識のない人にとっては不透明な部分も多いため、それを逆手にとって高額な料金で低品質な施策を行う業者が存在します。

SEOはある程度ネットに精通していることと専門的な知識を必要とするので、金額が高いことが多く、多くの個人や事業主にとっては気軽な投資とは言い難いはず。

今回は低品質な施策を行う業者をなるべく避けられるよう、今まで出会ってきた地雷SEO業者の特徴を並べてみます。

気をつけた方がいいSEO対策業者の特徴

実際に遭遇したヤバいSEO対策業者の特徴は、詐欺じみたものから悪意がないものまで様々です。「絶対に当てはまる」というものではないので参考程度にお願いしますね!

どんな事をするのか教えてくれない

論外です。

「どんな施策を行うのか?」という質問をして、具体的な返答がないのはかなりヤバいです。SEOってある程度ノウハウが必要なので、技術的なことまで事細かに説明してくれる方はなかなかいないと思いますが(変に説明しても混乱させるだけだったりもしますし)、「サイトをこんな感じに編集します」「こうやってキーワードを選定します」「こんな感じのコンテンツ制作します」「サイト表示高速化します」などの“どのような施策を行うのか”というのはある程度教えてくれるはずです。

それを教えてくれないのは…後ろ暗いことがあるのか、自信がないのか…。といったところ。

とにかく安さを前面に押し出す

これはあくまで私は…の場合ですが、SEO対策って手間がかかります。顧客に合わせたゴールを設定して、現状のデータを分析して、そのサイトが得意な事と苦手な事を把握して、何をすべきかを考えて、行動に移す。“行動”と一言でいっても、サイトの構造的なものだったり、コンテンツの見直しだったり、ユーザビリティの向上だったり…。時にはサイト自体のリニューアルが必要な場合もあります。

自分の中にある(自社で持っている)知識に対して代金を支払っていただくわけで、それなりにプライドを持っていて実力のある人(会社)は相応の金額で受けています。実力のあるところは、自サービスの強みを押し出すことはあっても「安い」「お得」とは自分からは言わないはずです。

良い事しか言わない

ヤバいです。

本来、SEOは検索エンジンという外部ツールに依存している都合上、効果が出るまでに時間がかかったり、狙ったキーワードが空振りすることもあります。

さらに現在は良質なコンテンツやユーザビリティが重視されており、初めから基本的な作りを抑えられているようなサイトが、ちょこっとキーワードをいじったり、薄っぺらな記事を数本置いただけで一気に上昇することは稀です。(ニッチなカテゴリーだったり、コンテンツ自体は厚くて今までサイトがスマホに対応していなかったとかなら話は別ですが…)

良いことだけしか言わず、リスクや可能性に対して何も説明がない場合は警戒した方が良いです。

“絶対”に検索上位に上げますとか言う

上で言及したとおり、SEOは検索エンジンという外部ツールに依存している仕様上、絶対はあり得ません。

相当ポテンシャルの高いサイトであればかなり自信を持ってオススメすることもあるかもしれませんが、“絶対”という単語は私だったら出せません。スタートしたばかりだったり、ライバルの多いジャンルなのであればなおさらです。

そんな事が言えるのは、めちゃくちゃ自信のある人(会社)か、無責任なのか、どちらかです。

“悪意がない”ダメ提案にも注意

「役に立とう」という気持ちが仇となっているパターン。

持っている情報が古い

検索エンジンが時折行う仕様変更に伴い、SEOのトレンドは都度変化しています。

今となってはMETAタグのkeywordはほとんど意味をなしませんし、外部リンクも重要性が薄まりました。特に後者の外部リンクについては、低品質なサイトから大量に外部リンクが送られていた場合、リンク先のサイトが検索順位を大幅に下げられるようなペナルティを受ける場合もあります。

検索エンジンからスパム判定され、ペナルティを受けると検索からの流入が激減し大変な損失を受けることとなります。100→150にしたくてSEO対策を依頼したのに、100→5になった…というのもあり得ますし、実際に各所で同じようなトラブルが頻発してます。

外部リンク自体がSEOとして効力を持っているのは間違いありませんが、以前のような最重要項目ではなくなっています。それを知らずに低品質なサイトから外部リンクを送ることを『SEO対策』と称して代金を受け取り、何も知らないクライアントをペナルティ地獄へ送り出すSEO業者が未だに存在しているのです。

SEOがそもそも分かっていない

企業勤め時代、ある業者さんから「SEO対策の提案持ってきました」と言って資料を見てみたら、Googleリスティング広告の運用だったことがあります。

リスティング広告は広告料を支払って、特定のキーワードが検索された時に都度入札し検索結果の広告枠に優先表示するものです。そしてSEOとは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」のことで、オーガニック検索(自然検索)での上位表示をさせるための施策であり、似て非なるものです。

SEM(検索エンジンマーケティング)ではあるけれど、SEO(検索エンジン最適化)ではありません。そのあたりを混同してしまっているのもアレですが、広告を出して何を目標と設定するのかが曖昧な提案だった上、広告費とは別で月額15万かかるという意味のわからなさも相まって、上司に進言してお付き合いを止めました。

信用できるSEO会社を選ぼう

SEO対策はきちんとポイントを抑えて効果的に時間を使っていけば、自ずと効果が出てくるものです。

普段お付き合いしている信頼のおけるWEB制作会社にお願いしたり、そこから紹介してもらうのが良いかもしれません。検索してみるとSEOについて分かりやすく解説しているサイトがたくさんあるので、そこでざっくりと知識をつけておくのも良いです。

が、書いてある情報を鵜呑みにするのはとても危険なので、実際にSEO対策をしてくれる会社の担当者が言うことにもしっかりと耳を傾ける必要があります。「ん?」と思うことがあれば質問してみてください。まともな相手であれば具体的な答えが返ってくるはずです。

営業電話がしつこかったり言葉遣いが変だったり早期の契約を迫るようなところは経験上要注意ですよ!

RELATED POSTS

COMMENT

LEAVE A COMMENT

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

RANKING
下書きが溜まりに溜まってサイトには何も上がらない件
『ましろウィッチ』を始めて気になる事とか
「引きこもりライダー隼」の件で思う、死にたい気持ちについて
スキルがあるならランサーズ利用を一考する話
使ってみたい!無料のゆるかわフリーイラスト「いらすとん」
ABOUT ME

mome

新しいものと辛いものがすき。
中学生時代に独学でWEB制作を始めて、ハタチを超えてからITベンチャーや大手企業子会社のWEB部門に勤務。今は独立してWEB制作したり、メディアサイト運用したり、気ままに暮らしています。

LATEST
CATEGORY
TAG
ARCHIVE