môme

なんでもかんでも手を出していく

「引きこもりライダー隼」の件で思う、死にたい気持ちについて

まず、前置きとしてこの記事は自死を推奨したり、肯定するものではありません。自らの経験として、当事者と共感する部分があり、また同じようなことで悩んでいる方自身を”肯定したい”という意図で書いています。

SNSで起こったショッキングな出来事

数日前Twitterを騒然とさせた出来事。

引きこもりだった男性が愛車のバイク”隼”と共に北海道を旅行中、「ここが旅の終点」から始まる意味深な文章と、ダムと思われる夜景写真のツイートを最後に消息を絶ちました。

Facebookにも同様の投稿をしており、彼の友人から夜景の場所はおそらく某ダムだということ、それを元に捜索した結果、彼の愛車が近くで見つかったこと、続いて彼自身の遺体がダムで発見されたということが報告されました。

すべては理解できないけれど、共感する

まず私は、旅の終わりとして自らの命を絶ってしまった彼に対し、共感を覚えました。私自身、一時期うつを患い、今もなお苦しむことがあるからです。

ネット上の反応を見て

続いて、ツイート(彼の投稿)に対して届いているリプライ(他のユーザーが付けた返信)を眺めて、なんともいえない気持ちになりました。

「自殺はだめ」「生きて帰ってこそ旅」「旅してるのに自殺する意味がわからない」というような意見が多数。もちろんご本人の冥福を祈るものや、労うようなものもありますが。

死にたい人はギリギリのバランスで立っている

ここからは私が思うことを綴ります。医学的な知識はほとんどありませんので、あくまで経験からくる考えです。

うつ状態のとき「自分は本当にろくでもない人間で、他人に迷惑ばかりかけていて、勘違い甚だしく、何をしてもだめ」なのだと思い込んでいました。(正直今も自分の中で否定しきれなかったりします)頭が働かず、体も重くて、何かしたくても思うようにできません。この状態になっているときはとても辛いです。

そして、環境を変えたり休養したりして治っても、 ふとしたきっかけで突然不安が襲ってきて以前の状態に戻ってしまうことがあります。一過性だったりしばらく続いたり様々ではありますが、幾度もこの経験を繰り返し経て理解するのです。

「この苦しみとは一生ものの付き合いなのだ」と。

今私は日常生活を過ごしていて、楽しいと思えることがたくさんあります。友人と会話していて明るく素敵な時間も過ごせます。仕事にもやりがいや楽しみを見出しています。

ですが、ふとした瞬間にどうしようもない不安感や絶望感が襲ってきます。

理解できない人には一生理解できない概念ですし、以前の私はそんなわけがないと思っていましたが、今の私は「死は救済にもなり得る」と考えています。

もちろん、他人を傷つけて「死をもっておぬしらを救済するゥ!」なんて考えではありません、一応…。あくまで本人が逃れられない苦しみから脱する方法として、です。

死にたい人はほとんど普通に見える

まず、周りの人でわたしがうつだったことを知っている友人はいません。症状が重かったときには、会う約束をそれらしい理由をつけて断っていましたし、元々筆まめではなかったので気づいた人もいないはずです。

症状が軽くなってからは会って話したり、メッセージで連絡を取り合ったりしました。いくつかの場面では精神面での体調が万全がないときもありました。でも、動けないほどではないし、楽しいと思えないわけではないので表には出てきません。向こうからしたら本当に”いつも通り”だったと思います。

家に帰ったら、お風呂に入る気力もなく。夜は眠れないし、寝つけても悪夢を見たり。胃や頭が慢性的に痛かったり。家事がまともにできずに部屋がとんでもない状態だったり…、見えないところはボロボロでした。

そして、”普通のとき”がある分、”そうでないとき”の自分は「やっぱり私はただやる気がないだけじゃないか?」と思ってしまって、己を責める気持ちが止まりませんでした。今でも、時折ありとあらゆる理論を押しのけて頭の中をいっぱいにする考えです。それがまた自分を締め上げて苦しめていきます。誰に何を言われるわけでもなく、ひたすら自分を追い込んでいきます。些細なことで傷ついたりもしています。

ですが、表では普段通りなので誰にも打ち明けられません。逃げ場がないのです。

そんな生活の中いつの間にか「死ねば楽になる」という考えが頭の中を満たして、ふとした瞬間に死にたい気持ちがよみがえったりするのです。死に方を調べて、自分ならどれを選ぶか思索したのは1度や2度ではありません。

「昨日会ったときには普通だった友人が、翌日自殺したと聞いて衝撃を受けた」なんてシチュエーションはこうして起きるのではないかなと思っています。

彼が本当に考えていた事は分からないけれど

「引きこもりライダー」は誰にも見えないところで、もしくはとても身近な人にしかわからないところで、ひっそりと苦しんできたのかもしれないなと思いました。“引きこもり”という時点で、何かしら闇は抱えていたのでしょう。

どうしようもない苦しみの末(これは推測ですが)、好きなことを自由にしてから最後に自分で幕を下ろした彼に対して、まずは労いの言葉をかけたいです。

周囲からすればたまったものじゃないのですけれどね。それでも「死ぬ方が迷惑」なんて言葉はちっともピンときません。本人は「自分なんて存在するだけで迷惑」って思い込んでたりしますから。本人からすれば死んだ方がマシです。

死にたいと考える人へ

私自身は自死を推奨しているわけではありません。

けれど、自身の死にたい気持ちを否定する必要はないと思っています。「”死にたい”と思っている自分は変だ、おかしいんだ」って自分を責めるのは違うかなと。

何かしらの比喩表現でなく、心の底から「死にたい」と考える精神状態ははっきりいって普通ではないです。でも、そうやって考えてしまうのはその人のせいではありません。だって、それくらい辛いんだもの。死にたいって思うくらい許してあげてほしい。

まずは、自分を否定する前に、自分自身で己の味方になってあげてほしい。

そして、自分を肯定した上で、“どうして死にたいのか”を考えてみてほしい。

他人のものさしで自分を測っている節があるんじゃないだろうか。“こうじゃなきゃいけない”という他人の常識に縛られているんじゃないだろうか。本当は“こうしたい”、“こうでありたい”という気持ちを押し殺して、他人のために自分を潰しているんじゃないだろうか。

死ぬ前に“自分のため”だけに何かしても良いんじゃないだろうか。

自分のために何かしてあげて、それでも辛くて苦しいなら、穏やかに死を選ぶのは決して間違っているとは私は思いません。自分の都合で、例えば借金や破産で大切なはずの存在を残して自死するのは「ずるいな」って思っちゃいますけどね。

なんだか妙に感化されて、ガーッと一気に書いているので支離滅裂になってしまった。100%私の意図が伝えられる文章ではないかもしれません。超要約すると、自分にも誰かにも「ええんやで」の精神で接したいわよねってことです。

もし誰かに「死にたい」って言われたら、ダメ!って否定する前に「どうしたの」って言ってあげてほしいです。 そして、ただ寄り添って「(あなたが)必要だ」って伝えてあげてほしいです。

そして最後に。引きこもりライダー隼さんのご冥福をお祈りいたします。長旅お疲れ様でした。穏やかな時が過ごせることを願っております。

RELATED POSTS

COMMENT

LEAVE A COMMENT

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

RANKING
下書きが溜まりに溜まってサイトには何も上がらない件
『ましろウィッチ』を始めて気になる事とか
「引きこもりライダー隼」の件で思う、死にたい気持ちについて
スキルがあるならランサーズ利用を一考する話
使ってみたい!無料のゆるかわフリーイラスト「いらすとん」
ABOUT ME

mome

新しいものと辛いものがすき。
中学生時代に独学でWEB制作を始めて、ハタチを超えてからITベンチャーや大手企業子会社のWEB部門に勤務。今は独立してWEB制作したり、メディアサイト運用したり、気ままに暮らしています。

LATEST
CATEGORY
TAG
ARCHIVE